スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ感想33号感想1(ネタバレ)

めだかボックスの「理詰めの魔法使い」に触発されて、私も自分の厨二な2つ名を考えてみました。


「暁の忘却者」
意味:とにかく眠い。

いつか使おーっと。


さてジャンプ感想です。


・めだかボックス

江迎さんが期待通りのキャラで満足でござんす。すぐに退場かと思いきや、割りと話に食い込んできそうで輪をかけて満足でござんす。

台詞回しのセンスはいつもの西尾先生のものだとしても、ノリがよくて茶目っ気もあり、ある程度従順、感心したら素直に反応してくれて、危険な香りと心の闇(遊戯王名物)を持ち合わせ、分かりやすいツンデレかつ男に優しくされるのに慣れてないなんて、何という厨二病キラー。人吉くらいの厨二病ならコロッと落ちちゃうんじゃないかな。俺は落ちた。能力の制御できる度合いによっては結構な不幸を背負っていそうだし、流石厨二病で有名な(?)西尾先生、分かってらっしゃる。ああ、分かってらっしゃる。

閑話休題、マイナスは結局、意味のないマイナスの利点を制御しようとしない人たちのこと?むう、よく分からないぞコレ。
例にされてるところを見るに、宗像が「ヒャッハー、人殺すの楽しすぎるぜぇ!!」とか言い出したらそれはマイナスなんですかね。と、なると、過負荷と異常の間には確たる境はないのでしょうか。
「制御しようとしない」の方はまだ分かるんですけど、「意味のないマイナスの利点」て何やねん。虫を人間の役に立つかどうかで益虫、害虫て呼び分けるのと同じ感じがするなあ。
殺人衝動はまあ殺し屋の類か死刑執行人がちょっと楽しくできる程度かもだけど、物を腐らせる能力なんかは上手い使い道もあるのではなかろうか。まあ、少なくとも手品はできる。めだかの能力でスイッチ性の付与ができるのは証明されてるし。
つまるところ、意味のある、ない、はこの世界の偉い人、もしくは作者のさじ加減なのでしょうか。

何が言いたいかって、主人公?がチート能力ならチート能力で、その無情感を孕んだまま面白い展開に持っていって欲しかったなーてことなんですけどね。
次から次にトンデモ理論が出てくるマンガは嫌いじゃないですが、設定に絶対性がないと厨二妄想に浸れないんですもの。

あー、なんてケチつけるのが楽しいマンガなんだ、めだかボックス((


・SWOT

ちょっと言わせてくれ。いきなり他人につっこんで凶器で応戦され、飛びかかられたと思えば殴りかえし、空から襲撃されて喧嘩と思えばいつの間にか敵に囲まれる。どれだけ唐突にバイオレンスが始まるんだよこの高校は!せめて主人公はやめろ、軽すぎるんだよお前の拳は!ヒロインに突然怒られてもしょうがないよそこ!ヒロインもヒロインで何で殴ったか聞こう?と、思ったけどそういや主人公いきなりキレる人だったね!やっぱり悪いの主人公じゃねえか!
俺ツッコミ下手なんだからやめれ。やめろじゃなくてやめれ。意訳するともっとやれ。

あと、1番気になった台詞がこれなんですが、
「欧野の袖口についてた大量の血の乾いた跡からして相当な不良 おそらく俺たちを仲間割れさせて個別に潰すっつう寸法じゃねえか?」

だーかーらー!不良は戦闘集団じゃねーし!袖口血塗れにしねーし!

・・・まあこれは世界観的問題なのかも知れないんですが。しかしこの杉田先生の得意技「相当がよく分からない件」は、結構問題なんじゃなかろうか。
実際、「相当の不良」がどの程度強いのか良く分かりません。大ピンチっぽい演出なヒロインですが、ここで殴野に圧勝しても違和感ないですし、それ以前に最後わらわら出てきた不良はマンガ的に数として数えられないですよね、きっと。闇暗も最初1人でたくさん倒してましたし。
あれらが「相当な不良」だとしたら強さの基準が全然分からないぞ。「投げた鉛筆が爆発する」とかならまだ分かりやすいんですけど。

あ、それともう1つだけ。確率論で「間違いない」は出てこないから!


・・・このマンガから目を逸らさないことは結構難しいかもしれなかった。


・ブリーチ

猶予、無し!?て、いやいやいやいや。一護父が勝手に時間決めて修行させてるんですから、その間に取り返しのつかないことになったら一護父の立つ瀬ない訳で、逆説的に1時間は大丈夫でしょ、と。

誰が助っ人に駆けつけてもおかしくないし、事実候補が2人ほどいるし、もし助っ人が駄目でもその場の人が覚醒、新キャラ登場がさもありそうなのがブリーチの恐ろしいところでさぁ。

だってあのドン観音寺が1週稼いだんだぜ。


・銀魂

結果として俺にとって好ましいかどうかはさて置き、銀魂の風情や情緒も挟ませない、ギャグの容赦の無さは感服に値すると改めて思いました。

サイシューにはこの下ネタ祭りが描けるんでしょうか。というか、今週のバクマンで挙げられた「おとなし過ぎる」は暗にそういう部分も含んでるんじゃないかと思います。サイシューの描くギャグってなんか気取ってそう、ていうか照れがありそうですし、ラブシーンとかやったらすごく形だけの物になるか、ぐだぐだになりそうな気が・・・。
パンツ描かないとしれっと言い切るし、妙な意地もってるし、そういうのが絵にも表れてて気持ちよく感情移入できないんじゃないかな、知らないけど。

閑話休題、でもここまで滅茶苦茶やっても最後の親父さんのウインクした遺影だけで許せる気がする辺りが銀魂なのかなあ、と思ったり。親父さんが幸せなら何も言うまいよ。


・逢魔ヶ刻動物園

アザラシさんと主人公が仲良くなっててまずほっこり。

園長の「面白いことしかやらん主義」はすごく私好みなキャラ付けなんですが、どうせなら、仲間が汚い檻にいるのはつまんねえしストレス溜められてもつまんねえから掃除もやるし檻も作るぜ、ていうスタンスなら普通にカッコよかったのになーとも思います。
そうは言ってもやっぱり私好みではありますので、慣れるまでは打ち切られないで欲しい所存です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おーい宇

Author:おーい宇
おーい宇と申します、ハイ。

リポDとサロンパスの信者。一応遊戯王プレイヤー。

性別:♂

欲しいドラえもんの道具:フエール銀行

好きなシートン動物記:「カラスの隊長、銀の星」

好きな心理学者:ヴォルフガング・ケーラー

好きな思想家:シャルル・フーリエ

大好きなカード(遊戯王):コアキメイル・サンドマン、ナチュル・フライトフライ、アヌビスの呪いなど。バニーラたんは俺の嫁。ってずっと言ってきたけどあの子実は男の子だった方が萌えることに気付いた。バニーラきゅんは俺の婿。

攻撃を見切っているからといってかわせる訳ではありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。