スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ12号感想(ネタバレ)

霜焼けをかくっていう行為は、ただ瞬間的な快感を得るっていう一点に限っていえばなかなか目を見張るものがあると思うんですよね。勿論慢性的な痒みがありますから霜焼け自体がディスアドバンテージなことに代わりはないんですが、俺はアレ以上の五感を通した快感を知りません。どーでもいいですね。

ジャンプ12号感想です。

・メルヘン王子グリム

大っ好きですよーっ!と。もうホント好き、この漫画。
ギャグなのに必要以上に不幸になる人はいないし、登場人物の言動に理屈がついていてストーリー展開が理にかなってるんです。ギャグなのに。それはギャグ漫画としてはボケが弱くなる欠点かもしれないけれど、そのために不条理によるフラストレーションは限りなく少なくなってる。俺にはそれが心地よくて心地よくて。不条理の権化であるグリムさえ嫌味が一切無くて、その行動には見え透いた誤解も矛盾も無い。何度読んでも気持ちのいい漫画だぜ。

ただ、万人受けしなそうなのが不安ですね。俺は渡邉先生の作風を知った上で半ばコメディとして世界観を楽しんだけれど、ギャグとして面白いかといったら微妙だし、ぽいんとおぶびゅーってのが違えばこれを読んで何も感じない人もいると思う。経験上、こういう作品はジャンプに不向きと評されて、そうなのかーと思ってる内に打ち切られちゃうイメージ。アンケート出そ。

あと、ファンタジーに都合のいい展開を作るただの母親かと見せかけていきなり下ネタかまされた日にゃあまりの衝撃にしばらくページ捲れなかったね。お母様のファンになりそうだ。

・めだかボックス

「『テーマソング』アコースティックバージョン」を即座に受け流されて慌てる日之影先輩。読者から見りゃ通じる筈もない攻撃を繰り返してるアホっぽいけれど、考えて見りゃ「相手の能力の限界を自分で考えて技を出す」ていうのは凡百の漫画のキャラがしそうでしてないことかも知れんね。

いい例えが見つからないので手元のジャンプからテキトーにデッケンさんを挙げますが、「マトマトの実の力で何をどこに飛ばしてもお前が的だ!」と言われたら、みんなが塔に籠もったりはじき返したりを考える訳ですよ。でも日之影先輩は、投げられた物から全力で逃げ切ることを考える。この発想は無かった。確かに有効範囲が無いとは限らない。
いや、日之影先輩は結果的に失敗してるから思慮が浅いとも言えますし、そもそも間違っていたときのリスクを考えていない時点で好手とも言えず、更に言うなら何も考えてない人も矢が来たらとりあえず逃げるんでそんな感じかも知れないんですけどね。

まあ、流石他の漫画が避けてることをあえてやる西尾先生ってことで。だーかーら、アホっぽく見えてる時点で読者のイメージはマイナスなんだってば。補完を放り投げ捨てないで下さいよ。

閑話休題、『知られざる英雄』を無くした日之影先輩はみんなに思い出されて応援されました
・・・工エエェェ(´д`)ェェエエ工
これまた日之影先輩の苦悩が陳腐な形で解決しましたねえ。なんかいい話っぽくなってるけどこれ球磨川君が江迎さんにしたのと同じですよね。
いや、立ち向かうべき壁に立ち向かう機会を奪われた江迎さんと、立ち向かおうとしたら壁が消えた先輩では違うのかもしれませんが、端から見てて陳腐なのには代わりありません。そんなに簡単に解決したら今までの苦しみが軽く感じてしまうのは勿論のこと、さっき思い出して来た人に「応援に来ない訳ないじゃない」なんて言われても・・・とすごく微妙な気持ちにさせられるじゃないですか。

どっちにしろご都合主義に感じてしまうから、いっそ「能力は消えてないけど何故か奇跡的にみんな思い出したよ!」の方がまだ良かったような。いや待て、次回本当はそうだったっていう2段落ちかもしれない。

球磨川くん、役者は揃ってるから、早く帰っておいで!

・バクマン

何よりも、何よりも蒼樹さんの描いた糞リア充漫画※が連載獲ったのが許せないぞ。七峰君なんてどうでもいいから、誰か叩き潰してくれ。

それはさておきその七峰君関連ですが、サイコーとシュージンが七峰君を許せない理由が明確に出てきたのは良かったです。まあ9割方感情論なのでプロとしてのプライドとやらはどうしたんだ、と言いたくならないでもないですが。

精神と体力の限界ギリギリで産み出されたものが~の下り、共感はできるんですよ。俺だって担任や親とバトったり自分の喋り方の気持ち悪さに落ち込んだりしながらやっとこさ大学受かったっていうのに、のらくら大学決めやがったカスザメさんとか2G JUSTICEさんとか見てるとイラッ☆としないこともない。こちとら就職率100%だから別に悔しくないもんねっ

・・・話が逸れました。
でも、やっぱり感情論は感情論ですよ。アイディアの質と、かけた苦労は比例しませんし、大体、七峰君に覚悟も魂もないなんて、誰も言ってません。良いアイディアを抜き取り形にする苦労、シュージンは知らない訳もあるまいに。
決めつけ(・A・)イクナイ!

※好きな女の都合の為に好きでもない女に告白する(成功する前提で)男が主人公or主人公の恋人らしい漫画。

・ドイソル

スパイクの大きさが合わなくて思い通りのプレーができなかったから裸足だった・・・訳でもないらしい。サッカーへのトラウマからかとちょっと納得しかけたけど結局それは電波な人のやることじゃないか。学校を勝手にサボる監督といい、そういう外堀からのキャラ付けは読者へキャラの魅力を伝えてからにして欲しいなあ。

馬鹿にされたから楽しめないの?→楽しめないのはスパイクの所為っていうミスリードは巧かったです。実際何も進展はないのに進展を錯覚してしまった。
「スパイクの件は言えよ!」と思ったけど、不調をスパイクの所為にしてたら確かに格好悪いもんなあ。

・ライトウィング

すげえ、やり切りやがった・・・。作者コメントと合わせて、なんて格好いい終わり方なんだ・・・。

神海先生、お疲れ様でした。お帰りを楽しみにしております。
スポンサーサイト

ジャンプ11号感想(ネタバレ)

満を持したメルヘン王子グリムの連載、楽しみでなりません。


ジャンプ11号感想でございます、はい。

・めだかボックス

何が起きるか分からない能力バトルで、何でみんなそう勝敗を確信してるんだ・・・。過負荷に長所が通じないとかそういうことじゃなくて、肉弾戦最強くらいじゃ対処できない能力をお前らはたくさん知ってるだろうに。本当に『どーして学習しねーのかなあ』
それ以前に日之影先輩の強さの有り所に疑問符がつくのもいつもながらの問題か。いかにも強さがそこに起因するかの様に巨大だの巨躯だの言われまくってるのは、西尾先生が先輩を本当はるろ剣の不二クラスにでかく設定していたからかもしれない。それが暁月先生に上手く伝わらなかったから常識の範囲内の大きさに描かれてしまっただけで。ここまで直接的な読者へ向けられた強さ描写が無く、それでも日之影先輩が作中でみんなによいしょされてるのを見るとそんなことまで考えてしまうよ。怪獣サイズの人間ならば描写なんかなくても分かる強さだし、そりゃあ鉄骨の上でのバトルは不向きだろうし。

閑話休題、疲れてきたのかテンションが戻りつつある蝶ヶ崎君の能力は受けたダメージを他の場所に押しつける、「不慮の事故」。
覚醒時の描写から想像でき得た「受け流す」「跳ね返す」から一歩進んで「押しつける」能力とし、そのまま蝶ヶ崎君の内面描写に繋げて、「不慮の事故」という名称にも結びつける、それは流石だと思いました。よくよく考えてみれば受けた苦痛をたらい回す能力、というのは予想できてしかるべきだったなあ。西尾先生の言語センスからしてただのカウンター能力で終わらせる訳なかったもの。
これ、尿意を押しつけるとどうなるんですかね。尿そのものを押しつけられるのか、否か。

まあ、その蝶ヶ崎君ですが、なかなか興味深いことを言ってくれたじゃないですか。
「内心に絡みついたマイナスは治らない」「苦しいから改心したくない」どちらも十二分に理解できました。前者は書記戦、会計戦での消化不良だった疑問に一応の回答が用意されてスッキリしたし、後者も、過ちをあながうよりも開き直って駄目人間として生きた方がずっと楽なのはよく分かる話。俺にも過負荷が理解できる気がしてきたぞ。

蝶ヶ崎君がいきなりもう何も怖くないのポーズなんてするからとても笑った回だった。

・バクマン

七峰君はワンアイディアが秀逸な作家、でも個性が無いっていうのは、つまり「彼の作風」とでも言うべきものが確立されてないってことかしら。ネットに頼った七峰君の弱点としてはいい落としどころだとは思うし、先週俺もそんなような予想してたんだけど、それは七峰君の欠点であってこの方法の欠点では無い気がするなあ。
七峰君が本気で書きたいモノを書き始めたら、譲れないものもできてそれが彼の持ち味、個性になるかもしれないのだし。彼はアクは強いみたいだから、ネットの50人の言いなりにはならないと思うんだけどな。

サイシューのプロとしての誇りをもって気に入らない奴を潰す姿勢はキャラクターとして見れば格好いいんだけど、漫画家の先生として見ると新人のやり方が気にくわないからってそんなことに躍起になるなよ、と思う。リアル志向って難しい。

・ドイソル

面白かったです。スッキリまとまってて、これから壮大な物語が始まる空気を感じてしまった。

でも、主人公(坂道君の方)が何というか・・・その・・・生理的に無理。漫画のキャラだと思って言ってしまうけど、もう顔から無理。目がどこ見てるのか分からないところとか、引っ張りたくなるミサンガとか、意味がなく見える(実際にはあるんだろうけど)裸足とか見ててイライラする。自分のサッカー分かってもらえない、分かってもらえないって、説明もなしに分かる訳ないだろーが。人に合わせる気なんて毛頭なくて終始自分のことしか考えてないし、俺こいつ嫌いだ。

自分が浮いた変人であるから、意図的に変人やってる人見ると同族嫌悪ってやつが発動するのよね。

・トリコ

ビビる通行人にうまい飯屋を聞くゼブラさんが可愛い。このシーンは本当に秀逸だと思うんだ。大げさにビビられたから脅しをかけてはみたものの、意外とコミュニケーションが成立してしまったから驚いたんだと思う。自分は怖くないと言っても信じてもらえないし、何よりそんなことを言えるほどプライドが低くはない、でもこの場を丸く収める為に、このおっさんとの会話を少しでも気持ちよく終わらせる為に、「高圧的にうまい飯屋を聞く」ていう可愛げのある行動に落ち着いたんですよ、きっと。自身を環境に例えるのも、無駄に危害加えたりしないよって意味に思えてきた。
ああ、ギャップも相まって、このシーンだけでゼブラってキャラがすごい好きになった。この手のキャラはフィクションだから偉そうなことが言える、てのが常だけど、ゼブラさんなら実際いたら会ってみたい気がする。


・エニグマ

アルの報酬は「健康な体」だから、クリア出来れば全治するのかな。腕は微妙だけど、優しいエニグマのことだから治してくれるに違いない。

ジャンプ10号感想(ネタバレ)

すごい熱が出て死ぬかと思いましたが、インフルエンザじゃなくて良かったです。どーでもいいですね。


ジャンプ10号感想です。


・めだかボックス

めだかの言うことは3割くらいイイこと言ってんなーと思うんだけど、他7割が意味不明なので結局共感はできず終い。

「だって貴様が被害者を守り 私が加害者を守れば 我々は全てを守れるのだから」

これはとても高尚な志を持っためだかならではの台詞で、台詞自体は素晴らしいと思うのだけど、じゃあお前何でそんなところで生徒会長と殴り合ってんだよ、と。本気で加害者をも守りたいと思うのならば、加害者のことを本気で理解して更生させろと。それができないなら他人の正義を否定する資格はないと思います――日之影先輩は能力の性質上それができず、また暴力に頼るなら再起不能に追い込まざるを得ないので、彼を止めることの必要性自体は否定できないのだけれど。でもそれを暴力でする必然性は間違いなくない。

だから、形だけの正論を暴力で相手に押しつけるめだかにとっての「解決法」がこの頃には確立してたんだな、とげんなりするのです。そしてそんな人に自分に絶対的な正義があるなんて思って欲しくない。めだかちゃんは今やってる相棒の映画のCMを脳に刷り込まれるくらい見ればいいと思うよ!

閑話休題、お前それ無理してね?て言いたくなるくらいハイテンションの蝶ヶ崎君vs校歌斉唱の日之影先輩は、日之影先輩の新能力お披露目(って言っていいのか分からないけど)で次回へ続く。今までは勝負の説明+αで1話使ってたから一応テンポは速め。やっぱりこの戦いは会長戦の前哨戦に過ぎないと考えてもいいかしら?いつも通りぽっと出てきた新能力も、次の試合に出てくるかもしれない不知火の能力に繋がると思えば・・・。

・ライトウィング

読者に予想させておきながらも、それを理屈の通ったトンデモ理論で前提から裏切る鮮やかさ。めだかボックスがやるべきことはこれだと思う。読者を裏切るのと読者に着いてこさせる気がハナからないのは違うと思うのよ、うん。

・ワンピース

マトマト怖いな!こんな頭の悪そうな奴が気ままに凶器投げるだけで家から出られなくなるとは・・・。そして、この能力さえあれば、確かに理論上はどんな巨女を相手取っても孕ませることが可能・・・!隙が無いっ(言ってろ
しかし、そんな怖ろしい能力をもったバンダー・デッケンさんはネコザメの魚人らしいですが、魚人のくせに泳げないんですよね。手袋をしているところから毒持ちかと思いましたがどうなんでしょう。調べてみたら、ネコザメの背鰭にあるとか、無いとか。そんなに有名じゃないところから見て、あったとしても大したことない気がします。あったところで主人公には効かないっぽいし。
いやね、勿論魚人には人間の10倍の腕力があり、それだけで充分驚異なことは分かってるつもりだけど、何というか感覚的に・・・泳げない魚人ってしょぼくね?
小さい頃間違えて悪魔の実食べて、その所為で虐められてたりしたらどうしよう。下手したら、その「魚人や人魚のプライド」を重んじる人たちからも変な目で見られてたりして。人魚姫に「呪い」とか言われてる辺り、少なくとも人魚、魚人間ではいい印象は持たれてない気がする。

それはさておき、外に出られないお姫様を無理矢理連れ出すとかいう話は、いかにもファンタジーっぽくてwktkするぜ。ルフィは空気が読めなくて自分の飯最優先な辺りうちの婆ちゃんみたいで嫌だけど、こういうのが無法者の主人公の旨味なのかも知れない。

・月・水・金はスイミング

なんて俺が好きそうな漫画なんだ。そう思いながら読んでみたら実際結構面白かったです。

作中で恋愛色をものすごく薄くしてあるのがいいですね。「これが恋愛だ!」と言い切られちゃったら途端に着いていけなくなって感想は「お前どこのサイコーだよ」になっちゃうところでしたが、最後まで押しつけがましさがなく、恋愛漫画というよりはハートフルコメディとして読めてほっこりしました。
きっとこういうさりげない異性との関わりで、恋を意識するかしないか、くらいの経験は誰にでもあると思うのですよ。だからスイミングというリアリティとも合わさってすごく共感できた。

これから2人の関係が双方に幸せな思い出として残るだけで終わるか、恋愛に発展するかは分からないしそれでいいと思う。これは多分、恋愛の話というより、オサム君がひとつ大人になる話。

そういった意味では個人的に2人は小学6年生であって欲しかったです。自然に見守る視点になれるし、知ったような口を利いている俺の気持ち悪さも薄れるし。

・バクマン

七峰君のやり方は良いのか悪いのか、50人と七峰君がどういった関係なのかによって大分印象が変わりますね。文字通り他人の意見として受け止めて軌道修正したり大衆の意見を知るのに使う分には充分プラスに思えるし、そういうニュアンスなら逆にアイディアをもらっても構わないだろうけど、七峰君本人の作品に貫く意地が無ければいつかのファンレターを参考にしたサイシューの二の舞じゃないかと。
サイシューの言ってたプライド云々はそういうことかしら?

とりあえず次週でシステムの詳細が明かされるの待ち。

ジャンプ9号感想(ネタバレ)

かの架神恭介さんの処女小説戦闘破壊学園ダンゲロスが発売されたというので喜び勇んで買ってきたら、流石と言わざるを得ない酷さでトラウマになるくらい面白かったです。こうおっしゃってましたが、この五点は本当にすごかったです。優先すべきもの間違えてるんじゃないかってくらい。

これは能力バトル好きとしては胸熱この上なかったけれど、別にそうでもない人の目にはどう映るんだろうか。アンパンマンを楽しむレベルの短慮で無分別なハッピーエンド好きとしては、どうしても人がバカバカ死ぬと主人公が謎の力に覚醒して無双する非合理で頭の悪いテンプレートを頭のどこかで期待してしまう。

しかし、何がすごいってここまで端から見ても分かるほど架神さんが好きな要素に架神さんが好きな要素を足して架神さんが好きな要素で薄めたような小説なのに、これで賞とって金を作れるってこと。
架神さんマジで尊敬するし、物凄い羨ましい。

まあ、俺はラノベをあまり読まないから、「何言ってるんだ、ラノベはみんなこんな感じだよ」とでも言われたらただただ驚くばかりである。


前置きが長くなりましたが、ジャンプ9号の感想です。私事ですが、風邪ひいて熱出るわ吐くわ腹痛いわなので短めです。


・めだかボックス

もはや忘れられる能力が忘れられてきている日之影先輩ですが、よくよく考えてみると初登場する前もめだかにふとした拍子に思い出されていたので彼が本気にならなければこんなものなのかもしれない。彼のことを自発的に思い出しているのはめだかや球磨川、不知火といった「異常度」なるものが大きそうな連中なのだし、今週の真黒のような「忘れていたよ」っていう気付きを彼の話題が出る度にみんな繰り返しているのかも。

とか脳内補完してたのに当の先輩は人を改心させる気満々みたいですね。その改心は蛾ヶ丸ちゃんの心に残るのか。いや、残らないで忘れ去られたら何の意図があるのか分からなすぎるんですけど、日之影先輩を覚えているならそれなりの理由付けが欲しいですね。それとも、本人は覚えてないけど決して忘れられない大切なものを教わった、とかそういうオチ?

しっかし、センスを感じる覚醒の仕方をして、真の能力を解放しそしてかませ犬になる下準備を終えた蛾ヶ丸ちゃんはともかく、一切と言っていいほど掘り下げられてない日之影先輩の覚悟からは、一体何を感じ取ればいいっていうの・・・?全く盛り上がる気になれないバトルなんで、「日之影先輩が蛾ヶ丸ちゃんを瞬殺するも「不慮の事故」により手堅い反撃を受け、そして今更ながらに発動した「正喰者」の効果が暴走し、さあどうしよう」てところくらいまでは次回進んでほしいですね。さくっと。

・エンマ・ガベル

き・・・汚いっ!戦闘に裁判形式を用いてガベルがどうだの言い出したなら、俺みたいな末期な厨二病患者は「つまらない」と言えなくなったも同然じゃないか!

まあ、他はテンプレートだった訳ですが。テンプレ嫌いじゃないんですけどね、如何せん印象は薄くなる。あと、確固な目的もなく、また相手の能力発動の条件を悪戯に満たしてしまう頭が悪いというか無いような敵だったのに、「主人公とヒロインの間の誤解を解き仲を進展させる」ていう必要悪の仕事も完遂できてないのはどうかと。

・銀魂

面倒ごとに巻き込まれた銀さんが守るべき存在を見つけ、敵を懐柔し反旗ののろしを上げる。銀魂の基本パターンのひとつなのに、その中にドラマがあり笑いがあり適度に緊張感を持たせつつ先の気になる展開。
空知先生巧だなあ、と思いましたまる

・保健室の死神

皆さん、エロスさんにばっか目がいってるみたいなんで、シスター・プラグマは俺が貰いますね。三白眼いいよ三白眼。
プロフィール

おーい宇

Author:おーい宇
おーい宇と申します、ハイ。

リポDとサロンパスの信者。一応遊戯王プレイヤー。

性別:♂

欲しいドラえもんの道具:フエール銀行

好きなシートン動物記:「カラスの隊長、銀の星」

好きな心理学者:ヴォルフガング・ケーラー

好きな思想家:シャルル・フーリエ

大好きなカード(遊戯王):コアキメイル・サンドマン、ナチュル・フライトフライ、アヌビスの呪いなど。バニーラたんは俺の嫁。ってずっと言ってきたけどあの子実は男の子だった方が萌えることに気付いた。バニーラきゅんは俺の婿。

攻撃を見切っているからといってかわせる訳ではありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。