スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ感想25号感想1(ネタバレ)

今までの私にとって確定された事象であった、リポDによる自己暗示効果が徐々に薄れてきている恐怖。
睡眠欲と戦う術が欲しいです。

それはともあれジャンプ感想。


・スケット・ダンス

かろうじて修学旅行楽しんでる様子が出てきてよかったです。
いやもう、これがなかったら自分の中でこの漫画の格が地の底に下がるとこでしたわ。

あー、この修学旅行編の見るに耐えなさと言ったら。わたしゃ、ある意味学生の本分とも言える、くだらないことを真剣にやったり、グダグダ会話してたり、という、この漫画のノリが大好きな訳ですよ。1人1人のキャラが回を増すごとに掘り下げられるってのも好きな要素だし、そうやって掘り下げられたキャラ1人1人に愛着もあります。

ボッスン過去編やるまでは信者と言っても差し支えないほど大好きでしたからね、この漫画。
いやね、別に主人公に重い過去があっても全然いいですけど、別に親が生みの親じゃなかろうがどこの誰と双子だろうが、そんな気にすることじゃないだろうって。だって具体的にどんな弊害があるって言うんだブツブツブツ。

閑話休題。そんな愛着のあるキャラたちが修学旅行行くっていうからwktkしてたら、まさかの誰得の(個人的には気持ち悪い)エロと主人公たちの災難を2話も3話もかけてやってるじゃないですか。しかもいつものノリはもう帰ってこないんじゃないかってほどの重苦しさで、他のキャラもほとんど出ませんし。
ボッスンもヒメコも本当に辛そうで、打開策も提示されてるし展開も読めるし、何を思って読めばいいのか全くわかりませんでした。
インフルエンザで修学旅行行けなくて寝ながら泣いてる人の話と大して変わらないよ。

まあ、何はともあれ修学旅行編が終わり、いつものノリが帰ってきた感じで来週がちょっとだけ楽しみです、と。


・少年疾駆

うん、無駄に不快感振りまくキャラもいませんし、主人公のキャラ立ってますし、何より主人公の行動原理が良かったです。卵くすねる様な――や、私はどうこう言いませんけども――自分勝手な奴が変なところで善人やってても気持ち悪いだけですし。

ただなー。この作品、面白くなってきたぞーってところで打ち切られそうな臭いが・・・。

さっぱりした読後感は裏を返せばあっさりしてるとも。


・メタリカメタルカ

テンプレばっちこい、多少のパクリは目を瞑るぜ!ってゆー良心的な読者にも何も残さないってのはどうかと・・・。

くそ、こんなマンガの所為でリリエンタールg(まだ言ってるよ


・めだかボックス

何これ怖い。異常な人の行動原理なんて知るもんじゃないなあ。

当人たちにとって素晴らしいことで、実際外面的にはドラマ的で感動的なんですけど、だからこそ怖いです。どこがって言われたら・・・何というか、極限とも言える状態ですがりついた何気ない言葉に、徹底的に、人格が変質になってしまったってとこ?

あ、そう言えば人はみんなを幸せにする為に生まれるってのは私の持論でもあったことを思い出しました。ただ、これからの人生で自分含めたみんなに与える「幸せ」より「不幸せ」が大きそうだったら、その人は死んでもいいとも思うんだ。俺は今が楽しいから自分勝手に生き続けるけど。

そう言えばと言えば、ただ蜘蛛をスルーしただけで何でカンダタは地獄から救ってもらえそうになったんですかね。見た蜘蛛を皆殺しにする人の方が珍しいと思うんですけど。時代?


・リボーン

バ・・・バカなッ・・・。ありえない・・・ま、まさか・・・ジャンプの本誌で乳首g(もう死ぬべきだよ
スポンサーサイト

( ´ ・ ω ・ ` )

「愚痴」とかいうカテゴリ作ってしまいました。こんなカテゴリがあると、バカバカ記事書けそうですね(*^-゚)v
特に見る人もいないのに長々と文書いて、その希有な閲覧者に不快感を与えるという、邪悪なカテゴリです。



さて、今日はオープンキャンパス行ってきました。
絶望した!自分の対人恐怖症の進行の早さに絶望した!

体験学習体験みたいなの結構あったんですけど、絶望的なまでにヒトと話せないッ!いやね、相手幼児ですよ、幼児。保育とか福祉とかその辺を進路として考えてるんですけど、致命的なまでにヒトと話せないッ!今よか変人だった中学時代は人前で歌って踊れたので、旅じゃなくても恥をかきすてられると自負してたんですけど、そんなこと全然なかった!

高校入ってからは、何喋っても「何言ってるかわかんなーい」「日本語喋れ」が返ってきたでしょ。少し経ったらキャラ位置が変人で固定されたでしょ。昔よか無駄なこと喋らない様になったんですよ、これでも。
まあ、それはいいことなんですけどね。内向的なくせに内向性の強いDQN体質は変わってない訳で、気がつくと自分のことばかり喋ってますからね。

ただ、保育だの福祉だのに思いっきり向いてないじゃないですか、やっぱり。日常生活だって、大学行ってから、できない友達ももっとできなくなるでしょうし、それ以前に面談で落とされるわ、ボケェ、てなもんです。

しっかし、俺ってば喋れば喋るほど不愉快な子らしいので、積極的になったとこで空気悪くするだけとも言えるんですよね。
喋り方がもう不愉快らしいんで。アレですよ、普通に話してるつもりなのに親がいきなり怒り出すんですよ。「お前喋り方不愉快なんだよ!」て。汁か、て言いたいです。
・・・間違えました。知るか、て言いたいです。自分じゃわからないんですもん。
あと「ありがとう」「すみません」「ごめん」のアクセントも不快らしいですね。これは気をつけてるんですけど。

その3つが不快って、対人関係において最悪じゃね?

まあ、それはともかくですね。何が言いたいかって、大学も行きたくないし、将来も考えたくないってことです。友達できない、言葉もろくに通じない、何もできないとこに行くのに、モチベーション保てるほど強い子じゃないのよ。
親は「じゃあ就職しろ」っつーけどよ、高卒が大変なんて話はそれこそ耳にできたたこが赤らみと痛みを伴って腐り落ちるほど聞いたよ。俺、努力も苦労もしたくないもん←←

トラックの運転手とかじゃなきゃ対人能力は必要だし、それ以前に人と関わらない仕事なんかやったら寂しくて死んでまう。ウサギは死ななくても俺は死ぬんだよ!

嗚呼、死にたくなるよ生きていたいよ。


・・・しっかしさあ、オープンキャンパス適当に行ってるけど、
大学→説明途中で寝る
短大→同じく
専門学校→リポD飲み過ぎてトイレにこもる

何がやりたい俺orz

今日行ったところは極力喋りたくない俺にゃ自己アピール免除が魅力だけど、やっぱ社会福祉士の資格取りつつ保育士になるのは大変なのよね。まあ、不可能じゃないことが分かっただけいいけど。

俺は何故保育士なんてそれなりに大変な夢を見てるんだ?いや、その夢に恋いこがれてるならいいけど、そうじゃないし。何故に、熱意が必須、だがそれだけでは無理、しかも儲からず大変な福祉関係を、「なんとなく」で目指してるんだ?いや、他にやりたいことがないし、大学生活は悲惨なものになるのは目に見えてるから、せめてやりたいものについてやらなきゃって思想だけど、それにしても聞けば聞くほど俺にゃ向いてねえ。アピールできるのはピアノが弾けて子供が好きなとこだけジャマイカ。

誰か、私に楽で楽しいなりたい職業下さい(´・ω・)マジデマジデ

ジャンプ感想24号感想2(ネタバレ)

中二病こじらせて色々と辛いです。

嗚呼、何か邪悪な化け物に学校襲われないかなあ。そして奇跡的に化け物から逃れてぼーっとフラフラ歩いてたら主人公的ポジションの邪気眼使いと邂逅して一緒に戦うことになって、足引っ張りつつも便利な能力に目覚めて重宝されるんだ。でも、徐々に遊戯王名物心の闇をよくいる禍々しい感じのやつに見取られて、いつの間にか心を操られてしまうんだ。そして、俺を障害者か何かだと思っている全ての奴を惨殺した後で、主人公ポジションの邪気眼使いにものっそ愚痴るんだ。俺だって変人やりたくてやってる訳じゃねえんだよ!好きでこんな喋り方してねえよ!部員入れよ!みたいな。

で、主人公ポジションの邪気眼使いに感動的な説教されて、我に返って、仲間の為に敵と相打つんだよ!(* ̄∀ ̄)


・・・ウン、リリエンタールはうちにきちゃいけないな。


閑話休題、一応ジャンプ感想。

・ハンター

こ・・・これって・・・宮殿にいる討伐軍全滅フラグじゃないよね。そんな訳ない・・・よね?この漫画に限っては文字通り何が起こるかわからないので、その辺りその辺のスレでも見て考えたいでs(自分で考えろよ

しかし、独りで勝手にあたふたしているプフが堪らなく愛おしかったので、ユピーがコムギの記憶いらない派っぽかったのは残念です。
別に王がコムギを見たところで、何も変わらないし、ピトーのようにすぐ思い出すかも分からない、とも私は思うんですがね。まあ、こういう描かれ方されてるからには、やっぱりコムギが鍵になるんでしょうか。

王「何だあの汚い娘は」
プフ(良かった、思い出してないッ)
ユピー「おい、東ゴルトー共和国の客員棋士で軍儀打ちの東ゴルトー共和国内軍儀チャンピオン、アカズ(盲目)で舌足らず、ボサボサの髪の毛や鼻水が垂れているなど見た目はパッとしない少女。東北弁(?)で喋り、東ゴルトー発祥のボードゲームである軍儀の腕前は極めて高く、常に進化し続ける王を寄せ付けないばかりか、自分も新手を思いつくなど、さらに強くなっている(この時のコムギを王が「全身が光に包まれていた」と形容していた事から、念能力の類に覚醒した可能性もある。)。普段はごく普通、いやむしろ今ひとつニブい部類の素朴な性格ながら、自らの価値を軍儀にしか見出せず、負けた場合には腕よりも自らの命を差し出すことも厭わないなど達観した一面も持っていて、彼女の存在は王に強さと己の存在意義について考えさせる機会を与え、討伐時に彼女の存在を知らなかったゼノのドラゴンダイヴにより腹部を貫かれてしまったが、ネフェルピトーによる治療を受け回復、治療後はゴンによってカイトの治療が終わるまでの人質としてナックルたちに預けられたコムギ(Wikipedia参照)を渡せぇ!」

王「そうだったんだ!」
プフ「( ノД`)」

みたいなの、見たいんだけどなあ((

・バクマン。

サイシューたちがしたり顔で言ってる「面白さ」を普通に感じてしまった俺の単純さに驚き!
と、思ったんですが、よく考えたらアンパンマン夢中で見てるような私でしたので、今更驚くことでもありませんでした( ̄◇ ̄;)

それはともかく、主人公たちが1週間ヒトを尾行してるようなアレな人だとか、女子に内緒でプレゼントするような気持ち悪い小学生だってのも、逆にキャラが立っていていいんじゃないかと。それが世界観の基盤だったら途端に気味の悪さを感じますけどね。

あと、漫画を読んでもらってるときのサイコーの笑ってもらえるかどうかのときとか、(そこ感心されてもな)とか、自分の描いた物をみてもらう描写、すごくリアルだと思いました。大場先生にもそういう経験あったんでしょうから当然と言えば当然ですけれど。

ジャンプ感想24号感想1(ネタバレ)

遅くなりましたがコメントありがとうございました。勢いで書いた記事でしたが、共感していただき飛んで跳ねて喜んでおります。

とりあえず、さっきジャンプちょちょいっと読んだので、気になったところだけ。

・メタリカメタルカ

畜生、てめえがこなけりゃリリエンタールは今頃・・・!!トリコとハンターの下位互換の分際で・・・!!
と変ないちゃもんを読む前からつけていたんですが、なかなか面白そうじゃないですk(何様
1つくらい、テンプレにテンプレを重ねた漫画があってもいいと思うんだぜ。あと、適度なツッコミ所とか、台詞の調子が好みです。説明台詞だらけの漫画、割と好きなのですよ(え

・ナルト

「・・・・・・ビーさんに父親を・・・だから」
「ならなぜ・・・・・・?アナタはビーさんを殺そうと・・・?」
「・・・そんなことがあって何でそこまでビーさんを尊敬するように・・・?」
細かいかも知れませんけど、隊長、先を促し過ぎてません?ヒトが重そうな過去話し始めたら黙って聞こうぜ。

あと最後のビーさん、ヒトの話を聞いてないだけに見えるのは気のせいですよね、ハイ。

・黒子のバスケ

今までこの漫画の盛り上がる場面がよくわからなかったのですが、先週今週はwktkしてます。コピー能力大好きなので。
相手が、今まで絶対だと信じていた自分の力そのものに襲われるのってときめきません?


・ロックオン

なるほど、盗撮魔を捕まえると部員が増えるんですね。


・・・・・・いいこと考えた!

ジャスティスさん、ちょっと女子更衣室にカメラ忘れてきちゃったんで取ってきてくれます?
゛(ノ・o・)ノ



また書くかもです。それでは。

ジャンプ感想23号感想3(ネタバレ)ていうかリリエンタールについて

今日婆ちゃんの庭掃除を手伝ってあげました。
「広い庭だねえ。」と一言呟いただけなのに、直後に来た自分の妹に「うちの孫が『こんなに立派な庭はどこ行ってもないよ。手入れが行き届いてるんだね。おばあちゃん、大切にしなよ。』って誉めてくれてねえ。」て話を3回繰り返す自分の婆ちゃんに、複雑な心境になりました。
当社比50%増しで入り婿の悪行を愚痴ってる合間合間ですから、余計に、ねえ。


閑話休題。
前回1人でグダグダ語ってたリリエンタールですが、この作品は哀しいことに万人受けしないのですよ。まあ、してたらこんな駆け足で終わらねえよ!もっともっと読めたよ!とシャウトし始めたいのですが、近所迷惑なのでそれは止めるとして。

何故かと言えばそれは色々理由が挙がるでしょうけど、私が思うに、それは、読者を引きつける力の無さだと思います。
1話を読まなかった人はパラパラめくってみる分には読みたくなるような内容でも絵柄でもありませんでしたし、外聞を聞いても途中から読みたくなるような魅力ではありませんでした。また、1話を読んだ人も、次号からは気がつかずに読み飛ばしてしまったり、気が向かなくて読まなかったりと、地味地味と言われてるように、そういうところがあったんじゃないかと。
私も、友達に勧めるときに「今週から読んでみればいいよ」と言える様な回が少なかった覚えがあります。

ケータイ小説なんて読んでると、たまに、日本語の使い方は滅茶苦茶、話も矛盾だらけ、でもスピーディーで先が気になる展開で、何故かいつも読んでしまう作品がありますが、リリエンタールは思えばそういう魅力が欠けてたかな、と。
打ち切りが迫るまでは結構グダグダしてましたし。


・・・と、気付いたら、リリエンタールが面白さ的には打ち切られるべき漫画ではなかったって前提で書いてましたが、不快に思われた方、いらっしゃいましたらゴメンナサイです。だって信者なんだm(ry


なんて、リリエンタールの打ち切りを合理化してみたけどやっぱり哀しいですだよー。俺が世界征服に成功したら葦原先生に漫画描いていただくぞー。

ジャンプ感想23号感想2(ネタバレ)

今日ゴミ捨てに行ったら、猫の死体がビニール袋に詰めて捨てられてましてね。物悲しかったです。死んだ蜂を見た志賀直哉の気持ちが少し分かりました。
とか、慢性的死にたい病(注訳:かまってちゃん)な私がほざいてました、ハイ。


で。私このブログ開設した理由は、これ言いたいが為なんですけど。













賢い犬リリエンタールが終わっちまったよこんちくしょー!葦原先生、お疲れさまでしたああ!!


ハイ。


嗚呼、こんなに虚無感感じる打ち切りはこわしや我聞以来ですよ。本当に大好きでしたよ、本当に。


私、あの、NHKアニメとか、アンパンマンとか、要は子供向けアニメ大好きなんですよね。ぜんまいざむらいは再放送しかしなくなっても毎朝見てましたし(今は後釜のはなかっぱ)、アンパンマンへの愛は作者にも負けないと自負しております。俺やなせたかしさん嫌いでs(ry

それはともかく、私が何で子供向けアニメ敬愛してるかと言いますと、まあ、そりゃキャラ好きだからとか、制作サイドの遊び心が垣間見えて楽しいだとか、矛盾点に目を瞑りつつ展開にwktkするとか、逆に矛盾点につっこみまくってみたりだとか、色々ありますけどね、1番は、「世界観」なんですよ。
誰も傷つかない、みんなが優しい世界観。敵さえも幸せなハッピーエンド、主人公のピンチには映画版ジャイアンさながらの心意気を見せる悪役、最高だと私は思います。

でも、まあ、哀しいですけど所詮は子供向け、クオリティの総合的な低さは否めません。特筆するならキャラの記号化とかストーリーの都合で動くキャラ、とか。アンパンマン(タイトルではなく主人公の方)なんて偽善の塊ですよ。

まあ、私もその辺は諦めてたんですが・・・そ・こ・で・賢い犬リリエンタールです(どんっ!!的な効果音)。

①作品全体を流れるほんわかテイスト、②矛盾点や不信感の無さ、そして何より、③完全と言ってもいいストレスフリーな世界観。1話読んでビビッと来ました。ていうか泣いた。あまりの多幸感に。だって、ほとんど一瞬しか出てないそこら辺のおじいさんさえ他人の子供のために命をかけるし、悪の組織も必要以上に悪いことしない。

こう書くと信憑性なくなるかもしれませんが、②も素晴らしくすごくて、細かいとこのリアリティも半端ない。キャラの思考の積み立て方?なんて、おかしいのは矛盾点が無さ過ぎることくらい。


①②③が計算されていて逆に黒いものを感じて嫌と言う人もいますけど、私に言わせりゃ「ゴムゴムの実なんてありえないじゃん」って言ってるのと同じです。だって葦原先生はバクマンで言うところの、考えて書いて、読者もそれを理解して読む、てタイプの作家ですから。受け入れられるかられないかの差です。信者の私にゃ、淡泊な絵も、キャラも、全て愛しいのですよ。てか、あの絵は作風と実にマッチしてていいと思いますけどね。



好みは別れると思いますが、ホント、好きになれる人は好きになれる漫画だと思います。愛しているよリリエンタール。

ジャンプ感想23号感想1(ネタバレ)

チャンピオンとジャンプの号数が同じことに意味もなく感動。あれ、チャンピオンてGW意に介してなかったんじゃないっけ。あ、こないだ休んだんでしたっけ。


・バクマン

完全犯罪クラブ。
「もしスイス銀行の警備員が、非常に打たれ弱い人物だったとしたら? そして、この事件の責任を感じて自殺したとしたら?」
いや、案の定散々言われてますけどね、サイシューはホントこの台詞を吟味すべきだと思いますよ。そしてその上で本当に面白いと思うなら描けばいいさ。要は犯罪と名のつくからには誰かに迷惑かけてる訳で・・・。

いや、実際私この設定結構好きなんですけどね、サイシューが描いても面白い気がしないだけで。こういうくだらないことを一生懸命やる、中高生らしいノリには引かれるんですが、サイシューは中高生時代にそんなノリ持ち合わせてなかった気がしますからね。
むしろ同年代にこういうこと考えてる奴がいたら意味もなく軽蔑してたんじゃないかしら。うん、サイシューはそういう奴らだ。

また、完全犯罪クラブなんて作るある意味ぶっ飛んだキャラクターは好きになれそうな気がするんですが、そこも、自分から作品を打ち切るほどキャラに固執しないサイシューの作るキャラなんて好きになれなさそうだし(俗っぽく言えば魂がこもってないもの)、作者よろしく「誰にも迷惑かけてないんだからいいだろ」なんて態度とられた日にゃ、作品自体受け付けなくなりますよ。俺の体が。

そして、シリアスな笑いっていうのは実際シリアスな場面だからこそ笑える訳で、作者もキャラもしょーもないことやってる自覚がある時点でダメだと思いました。


・ブリーチ

きっとこれは、「読者のもつ知識を凌駕するほどのチート使いvsそれでも勝てる気がしないほど圧倒的な力を持つラスボス」という構図で、実際それは伝わってるんですが、グダグダグダグダやってきた所為で緊張感皆無なのと、読者のもつ知識が凌駕され慣れてる所為でうんざりとしかしないのと、やったか?いや、やってなかったー。の単調な流れが最早定番化していて興味がもてないので、とても残念です。
ブリーチ好きな私は少なくとも不快感は与えられないですけどね。グダグダばんざーいっ

チャンピオン23号感想1(ネタバレ)

えー、暇ができたら四大少年誌の感想を適当にぐだぐだ書くようなスタンスで行きたいので、恐る恐る書いてみます。不慣れながら。

・・・2つだけ。後でまた書くかもです。


・ブラック・ジャック創作秘話

毎度読むたびに思うんですが、私こういう、達人のこだわりというか、達人を達人たらしめる立ち振る舞い嫌いですわ。
これ、手塚先生がすごく質のいい仕事してたから許されますけど、つまらない漫画描いてる人がこんな感じだったらすごぶる迷惑なだけの、ただの社会不適合者ですよ。いや、当たり前ですけどね。

実力があれば傍若無人さが許される、というのは何か引っかかるのです。創作の実力というのは単純な努力の成果だけでなく、本人の意思とは無関係な人生経験とかも影響すると思いますし、そんなもので威張られても。

読者として、漫画家が漫画を描くのに必死なのはいいですけど、「ボクは真面目にやってるんです!!」の逆鱗はまた別なんじゃないですかね。同時に、相手も必死かつ真摯であるということを考えられてない、という事実はあると思います。
達人だからといってその変人ぶりが肯定されてはいけないのでは、と。


私ハンターハンター大好きかつ、富樫先生が休載しまくっても許しちゃう人ですけど、それでも富樫先生が如何にして休載をもらってるかなんて漫画読みたくな・・・・・・・・いや、読みたいな、それすごく読みたいぞ。

・・・まあ、興味はありますけどそれを読んで良しとする気にはなれないと思うんだ。例えその休載がハンターの面白さにとって必要不可欠であったとしても。
うん、つまりはそういうことでs(何が

あと、軟弱な若者の私にゃ編集部の怖い雰囲気は慣れませぬ。


・ハンザスカイ

いいなあ。いいなあ、こういうの。負けても失うのはプライドだけ、でも、それが全て、という、バトル漫画とは似て非なる熱さ。

あと、半座が普通に部員として応援されてて泣いた。コミックス1巻のねちっこい描写が生きてて良いです。

てすとてすと

ブログ開設したぜ、やっほーい。

田舎のおばあちゃん並みに機械音痴かつ、砂漠の砂よりも熱しやすく冷めやすい人ですので、どのくらいの更新率か、またこのブログに次回の書き込みがあるかわかりませんが、とにかく開設まではこぎつけました、と。

前途多難ですが、主にジャンプの感想とか遊戯王とか日記とか書きたいと思ってます、ハイ。


あー、この時点でここに来た人なんていらっしゃいましたら、ゴエツランありがとうございます、ハイ。
プロフィール

おーい宇

Author:おーい宇
おーい宇と申します、ハイ。

リポDとサロンパスの信者。一応遊戯王プレイヤー。

性別:♂

欲しいドラえもんの道具:フエール銀行

好きなシートン動物記:「カラスの隊長、銀の星」

好きな心理学者:ヴォルフガング・ケーラー

好きな思想家:シャルル・フーリエ

大好きなカード(遊戯王):コアキメイル・サンドマン、ナチュル・フライトフライ、アヌビスの呪いなど。バニーラたんは俺の嫁。ってずっと言ってきたけどあの子実は男の子だった方が萌えることに気付いた。バニーラきゅんは俺の婿。

攻撃を見切っているからといってかわせる訳ではありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。